相続手続き・相続税のことなら何でもご相談ください 相続無料相談会実施中! 事前予約で土日相談可能です。
まずはお問い合わせください。
専門スタッフが丁寧に直接対応いたしますメールはこちら
満足度95% お客様の声 Click

相続Q&A

2012年12月20日 木曜日

二次相続

Q.質問
 私には妻と子供2人がおり、土地や建物等、相続の際には財産の大半を妻に
 残そうと考えております。
 相続税には基礎控除と配偶者控除があるので、財産の大半を妻の持分とすれ
 ば税金もそれほどかからず子供達への税額の負担も少なくて済むようですし、
 その内容の遺言書も残そうと考えています。
 一般的に同じように考えている方が多いようですが、何か心配なところ等ありま
 すでしょうか。
 
A. 回答
 実は子供達の税額負担分が多くなる可能性があります。
 配偶者への相続を「一次相続」、その後の子供達への相続を「二次相続」とい
 い、相続をするたびに相続税がかかるからです。
 ですからこの「二次相続」のことも含めて考えてみてはいかがでしょうか。

 ご存知のとおり配偶者控除の税額軽減の特例を利用すれば1億6,000万円まで
 の相続税額は0にすることができますが、土地や建物など高額なものについて
 は、一次相続として配偶者へ相続したものが二次相続時にも残っていることが
 多く、そのときの計算では配偶者控除はありませんし基礎控除額も少なくなる
 為、トータルで計算してみるとかえって子供達が負担する税額が多かったという
 場合もあります。

 二次相続時に相続税額が大きくて子供達が財産を手放さなければならなくなる
 といった可能性もでてきます。

 土地・建物については時価評価となりますので将来の予測はむずかしいかもし
 れませんが、配偶者控除の特例を全て使うことが必ずしも税額の負担を少なく
 することにはならないということです。

 そのほかに配偶者がどのくらいの財産をお持ちなのかによっても二次相続時の
 相続税額は変わってきますし、相続人それぞれがどのような居住状況になるの
 か等を含めて考える必要もあると思います。

 その方々の事情もありますし、考え方は人それぞれであるかもしれませんが、
 円満な相続の為にも二次相続時のことも見据えてお考えいただくことをお勧め
 いたします。


投稿者 税理士法人剱持会計事務所