相続手続き・相続税のことなら何でもご相談ください 相続無料相談会実施中! 事前予約で土日相談可能です。
まずはお問い合わせください。
専門スタッフが丁寧に直接対応いたしますメールはこちら
満足度95% お客様の声 Click

事務所トピック

2012年11月 1日 木曜日

検査院、「取得費加算の特例」で意見表示

会計検査院はこのほど、財務省に対し「相続財産に係る譲渡所得の課税の特例」について意見を表示した。同特例は、1993年度税制改正において、既に前年以前に相続財産である土地等を譲渡し、譲渡収入金額から取得費加算額として控除した金額がある場合は、相続した全ての土地等に対応する相続税相当額からその金額を差し引いた額を取得費加算額とするとの見直しが行われた。以来20年近くが経過する間に、地価公示価格の大幅下落など、特例を取り巻く状況は大きく変化している。
そこで、会計検査院は、特例の適用状況の調査や、特例による相続税と所得税の負担の調整の状況、特例を取り巻く状況の変化を検証した。すると、所得税の更なる負担の軽減や、相続税を物納した場合との負担のバランスを図るために行われた1993年改正による相続税と所得税との更なる負担の調整は、特例を取り巻くその後の状況が大きく変化した結果、その必要性が著しく低下していると認められる、との判断を示した。
そのうえで、特例に対する検証が行われないまま、現行制度の下で土地等を多く相続した者の中に所得税額が著しく軽減されている者が見受けられるなどの事態は、特例が本来の趣旨に沿って有効に機能しているとは認められず、改善を必要とする事態にある、と指摘した。
このような事態が生じている原因は、財務省において見直しのための検証が不十分なためであるとして、同省に対し、特例が有効かつ公平に機能しているかの検証を行ったうえで、特例について、相続財産の処分が相続の直後に行われた場合、特に相続税納付のために相続財産の処分が行われる場合における相続税と所得税の負担の調整という本来の趣旨に沿った、より適切なものとするための検討を行うなどの措置を講ずるよう意見を表示している。

投稿者 税理士法人剱持会計事務所 | 記事URL

2012年3月15日 木曜日

ただ今準備中です。

しばらくお待ちください。

投稿者 税理士法人剱持会計事務所 | 記事URL

カレンダー

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ